フリーランスの名刺の作り方!仕事につながる6つのポイント

f:id:monakaa:20180711235603p:plain

フリーランスの名刺って自由にデザインできるこそ悩みますよね。

どうやって作ろう。

何を書こう。

どんなデザインにしよう…。

悩みながらもなかなか決まらない。会社ならロゴもあるし、イメージカラーもあるし、と作りやすいのですが、フリーランスの名刺ってどう作ればよいのでしょうか。

そこで、フリーランスの名刺の作り方についてご紹介します!

フリーランスの名刺は大切な営業ツール!

f:id:monakaa:20180712003210p:plain

フリーランスにとって、名刺は大切な営業アイテム!会社という力がなくなった今、頼れるのは自分の力と…名刺!

名刺は個人を覚えてもらう大切なツール。自分のもうひとつの顔なのです!

フリーランスの名刺作りに大切なこと

フリーランスの名刺はあなたの顔。適当なペラッペラの名刺は、自分が適当でペラペラな人ですと言っているようなもの!

仕事で成功しますように…!という気持ちを込めて、しっかり作りこみましょう。

フリーランスの名刺に書く6つのポイント

f:id:monakaa:20180712003422p:plain

フリーランスの名刺で必要な項目は

  • 名前
  • 肩書き、屋号
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • SNS

基本的にこの6つを書いておけばOKです。 それぞれ細かく見ていきましょう。

ペンネームvs本名 どちらが良い?

こちらはどちらでもOKです。ペンネームでも、本名でも、もちろん2つ書くのもあり。

自分が名乗る時に「どちらの名前を使うことが多いのか」などを考えて作りましょう、

肩書き

肩書きは屋号とは別に用意します。ライターだったら「ライター」、カメラマンだったら「カメラマン」という感じ。

ただし「ライター」だけだとちょっとインパクトに欠けますよね。フリーランスは自分をアピールできるように、名刺にフックを作っておくと良いですよ。

例えば

  • 月間〇〇pvの美容ライター
  • コスメマニア、ライター
  • 〇〇の撮影ならお任せ!フリーカメラマン

などです。ただライター、カメラマンと書くよりも相手の記憶に残り、「ペット撮影頼みたいな〜」「美容記事が得意な人いたかな?」という時に優先して仕事が回ってきます。

得意ジャンルがイマイチない…という方は趣味を載せてもOK。

  • 都内のカレー店制覇が夢

など、相手に、お!?と思わせるフックを仕掛けて印象に残しましょう。思わぬ仕事ゲットにつながるかも…!?

住所・電話番号は必要なの?

住所について

フリーランスって自宅が住所ってこと多いですよね。すると、自宅の住所を名刺に書いて配ることに…。

住所はあまり書きたくない項目です。

しかし、住所のあるなしでその人の信用力が測られる場合もあります。

例えば重大な商談の時に住所が書かれている相手と、住所が書かれていない相手どちらが信用されるでしょうか。

(住所がないことをかき消す、実績やネームバリューがあれば別ですが…)

かといって自宅の住所を渡すのはイヤという場合は、無理して書く必要もありません。(私も書いてないし)

住所があるものと無いもの2パターン用意して使い分けるのもおすすめです。

電話番号について

これは言うまでもなく、書きます。携帯・スマホの番号でOK。忘れないようにしましょう。

メールアドレスはgmaiでも良い?

できればgmailなどのフリーメールは避けたいところ。

フリーアドレスはセキュリティーを意識していない、信用できない、といったイメージを与える場合があります。

できれば個別でアドレスを取得した方が良いです。

たたし、フリーメールは日常に広く浸透しており、そこまで気にしないという方も増えています。自分のアドレスがあれば良いけど、なければ無理して作る必要もありません。 (ただし、この人しっかりしてないな…。と思われる場合があることは覚えておきましょう)

SNSはなるべく書く!

ポートフォリオの他、ブログやツイッターなど、宣伝できるものがあればどんどん書いておくのが吉!

自分の宣伝に使いましょう!

イラストやデザインはどうする?

イラストやデザインも重要です。個性的な自分を表すものがあるとベスト。自分の写真作品を貼り付けてアピールしたり、ポートフォリオ替わりにする方もいます。

自分ならではの個性が生かせるものを考えてください。

名刺の大きさはどうする?

キューブタイプのものや少し小さいものなど、さまざまな形の名刺が作られています。女性なら少し細長いもの、アーティストは個性的に四角タイプのもの…など、自分のイメージに合わせて好きな形をデザインできます。

ただし注意点が1つ!

名刺は一般的な名刺入れに入るサイズにしましょう!

一般的な名刺サイズ91×55mmを超えないように作ってください

大きすぎると、こいつの名刺、名刺入れに入らねーよイラってなるかも

フリーランスの名刺は大切!

個人で名刺を作るとなると、悩むことも多いと思います。今回紹介したポイントを押さえて名刺は個人を覚えてもらう大切なツールです。持っていない人は早めに作りましょう。