「目標をつくれ」と言われたから会社やめる

f:id:monakaa:20180214203828p:plain

突然ですが、

わたしは強制的に「目標をつくれ」と言われることが大っ嫌いです!

やれと言われたら「やりたくない!」と即答しますよ!そもそも、強制的に作られる目標は、楽しくない。

さて、なぜこんなことを言い出したかというと とある職場で「目標をつくれ」と言われて、それをキッカケで退職を決意したからです。

(タイトル見ると「なんだこいつ」と思うかもしれませんが、もともとゴタついていた職場でやめるタイミングをさがしてたんですよね。そして、今回の騒動が退職を決めるキッカケになりました。)

職場で「目標をつくれ」と言われた

私の職場でこんなことがありました。

「今日中に来月分の目標つくって提出して。」

いや、いきなりなんなの?

突然の脈絡なしにそう言われ、頭に浮かんだのはそんな言葉。

扱いにくい部下(部下というか、出社ありの業務委託として働いてましたが、わかりやすくここでは部下にします)のわたしは、嫌だなという憂鬱な気分しかありませんでした。

そもそも、いまさら目標をつくる必要があるのか、自分がやる必要があるのか。そのメリットも感じられない

しかもその時個人的に目的を持って仕事をしており、なぜ他人に言われて目標作らんといけないの?としか思えなかった。

自分めっちゃやり辛い部下だな…。

突発的に言われる「目標をつくれ」は「やる気が無くなる魔法の言葉」

その会社で言われた「目標をつくれ」「目標を達成しろ」という言葉を境に私のやる気はぐんぐん落ちて行き、3ヶ月後に退職しました。(早い)

まあ、もともとあまり居心地の良い職場ではなく、そんな場所でいきなり始まった目標の強要は、苦痛でしかなかったのです…

目標は、「達成したいもの」と「達成する気にならないもの」に分けられる

みなさんは、学校・職場・家庭、様々な場面で「目標をつくれ」と言われたことありませんか?

そしてその言葉を聞いて「よっしゃ!私はこれを目標にする!」とできる場合と
「え、めんどう…」となる場合があったのではないかとおもいます。

それはなぜなのでしょうか?
なぜ素直に目標をつくれない?

強強制な目標は「やる気の出ない目標」に

心に火が付く! 最強のリーダー力」という本に、こんな文章がありました。

部下は「やりたい感」のある仕事はやる気を燃やすが、「やらされ感」のある仕事では全く力を発揮しない。前者は納得目標。後者は強制目標、押し付け目標だ。

もうどんぴしゃこれだ!と思った。

強制的にやらされると、モチベーションが低下して仕事をより良くやろうという意識もなくなりましたし。

ある心理学者のデータによると、納得目標「やりたい感」と、強制目標「やらされ感」では意欲の度合いが2.8対1.0になるそうだ。この違いは当然、結果に現れる。

やる気は大切。そして、やる気がなくなる強制目標は良い効果を生み出しません。

どうすれば納得目標になるの?

コミュニケーションを十分に果たしたうえで、部下と一緒に目標を作って行くことで、会社と部下の目標は一致したものになる。

昔、部活をしていた頃、「絶対に県大会へ行く!」という目標を、チーム一丸となって掲げたことがありました。

「目標があると頑張れる!」というのは本当で、みんながやる気を持って練習し、見事県大会へ進出。好成績を収めた私の人生における一大快挙です。

その時は、みんなで何度も夢について語り合い、どうすれば良くなるかを話し合い、日夜部活のことしか考えられない、そんな時間でした。

かたや、強制目標を始めた職場ではやる気は減退。よく考えると、私が退職した職場は上司とコミュニケーションがほぼない、個人プレーの職場でした。

1日の会話が、「おはようございます」「お疲れさまです」だけとかザラだったからね…

そんな職場で目標を作っても「なぜ?」となるのは当たり前だし、(どうやら上司は別会社でやっていた目標のある職場を見て憧れたよう。)

今までほぼ関わりのない相手から「今日中に目標作って!確認するから!」とか言われてもねぇ…

組織のモチベーションは人の和が作る

信頼関係のない顔見知りからいきなり、「今月から目標つくって提出して!達成したかどうか毎月添削するから!」って言われたらゾッとしませんか?

それが毎日一緒に切磋琢磨していて、お互いの目標もわかっていて、自分が将来どうなりたいかも話している
信頼のある相手から「今月から目標つくって提出して!達成したかどうか毎月添削するから!」となると意味が全く変わります。

そして、後者なら「やりたい感」が持てる目標になるのではないでしょうか?

リーダーが「ともに創る」という姿勢で臨むことが、部下を巻き込み、部下に目標に対してマイベビーと同じ愛着を抱かせ、「絶対達成するぞ!」というコミットメントを生むのである

部下に目標をつくらせるなら、それはリーダーの目標でもあるのです。

目標を作らせたいなら、「作って、達成してね」ではなく「ともに作って達成する」という責任感とやる気が提案者には必要だと思いました。

まとめ

まぁつまり、目標って人に強制されることじゃないよねって思います。
目的を他人に持たせたかったら、提案者にもそれなりの意思を持ってもらいたいと思いました!

強要されてると思ったら、その人との関係性がだいぶ冷えている証拠です。

ちょっと周囲を見直すのがおすすめです。

ただ、目標を強制的に持たせてもらえる場所というのも貴重だと思うので、意欲的に取り組むのも自分のためになると思います。

(わたしはもともと、上司とすったもんだがあったので、退職しましたが、これは本当極端な例です。全然やめなくてOK。やめてもOK)

今回参考にしたのはこの本

蛇足「やること」しか考えない人生もおすすめ(?)

そもそも、目標と言う言葉が好きではありません。

「目標」っていうと、無理な要素を頑張るみたいなイメージがあって、結構達成しないから、目標、目標っていうのは高校生あたりでめました。

3ヶ月後にバク転するのが目標

よりも

3ヶ月後にバク転する

みたいな感じ。
そっちの方がやる気がでるし、自分的にしっくりする。そんな思考も良いのではないかなーと思います。

おわり!