車酔いがひどい人に贈る。酔い止めになる食べ物・お菓子5選

f:id:monakaa:20171007181148p:plain

車酔いがつらい。そんな経験ありませんか?

だったら薬飲めよって話なんだろうけど、車移動が多いといちいち飲んでられないし、大量摂取は体に悪そうだし。 しかし車酔いは待ってはくれない。車移動も待ってくれない。

そこで今回は、私が経験した中から、車酔いになりにくい食べ物、お菓子を紹介します。

 子どもが車に酔いやすくて、でも薬を飲ますのも体に悪そうだなぁ、と思ってる方にもオススメです。

酔い止めになるお菓子3つ

1、かむかむレモン 

 これはもう王道ですね。車酔いひどい仲間からも絶大な支持を得ているかむかむレモン。程よい酸っぱさが酔いをすっきりさせてくれます。

車の中でかむかむレモンを必死にかむかむしている人は、車酔いしそうなんだな…と温かい目で見てあげてください。  

2、ハイレモン

 

懐かしのお菓子!ハイレモン!一度は食べたことがあるのでは? これはそこまでベストマッチではなかったのですが、一応車酔い解消効果もありました。

軽度な車酔いにはオススメ。

3、ピュレグミ

 

これも良い。程よい酸っぱさ、程よい甘さ。車酔いで死にそうな時に、パクパク食べていると、不思議とスッキリしてきます。(レモンとかシークワーサーとかすっぱい系が良い)

かむかむレモンをかむかむし過ぎると、逆に気持ち悪くなる場合があるので(食べ過ぎて)、そんな時の代用品にもオススメ。

酔い止めになる食べ物2つ

4、梅干し(梅しばみたいなやつ)

 

私にはあんまり効果なかったのですが、効く人には効く、酔い止め食として有名です。

車酔い防止用なら梅干しシートみたいな、甘いものじゃなくて、カリカリ梅がオススメ。梅しばとか、懐かしい…。

ちなみに、ふにゃりとした、昔懐かしすっぱいガチ梅は、車酔い通り越して胃にダメージが行く場合があるため、あんまりオススメしません。

5、はちみつレモン

 

はちみつレモン味のドリンクとかそういうのじゃなくて、本物のレモンを使ったやつね。

調理法はいたって簡単です。レモンを輪切りにして、はちみつに漬けるだけ。美味しいし、スッキリさっぱりするし、漬けた汁はのんでも美味しいし最高ですね。

お菓子嫌いって人とか、健康志向の方にもオススメです。

もう、酔い止めじゃなく常に食べてたい。

ちなみに、アマゾンで瓶詰めのはちみつレモンもみかけました。自分で作るんじゃなくて買うこともできるみたいです。

すぐ車に酔うという人はぜひ、酔い止めシリーズを試してみてください!

 

【番外編】もし治らない場合は氷!

f:id:monakaa:20171020184402j:plain

良いが治らない場合、氷を口に入れてなめると気持ち悪さが抑えられます。

もし、「本当にダメ…」となったら氷を買って試してみましょう!

乗り物酔いを予防したい!そんな時は?

酔う前に予防したいという場合におすすめなものを紹介します。もちろん酔ってしまった場合も効果アリ!

  • チョコレート :血糖値が上昇して脳が覚醒、乗り物酔いを予防します。

  • 生姜 :胃を鎮静化させる作用があります。(生姜嫌いの場合は悪影響なので注意)

  • 梅干し :これは用前に食べてもOK!

  • 炭酸水 :胃の調子を整える作用があります。(かんきつ系は胃を刺激するのでNGと言われています)

かんきつ系の酸っぱさは乗り物よいを起こすといわれていますが、私には乗り物酔い解消として抜群に効きます。

乗り物酔い仲間の間でも、かんきつ系の酸っぱーいものは酔い解消アイテムとして有名です。「胃が弱い…」という方でなければ避けなくてもよいでしょう。 (ただし、甘いかんきつ系はダメ。酔います)

効果のある・なしは人による

人によって効果のある食べ物は異なります。本格的に必要になる前に、いくつか試してみて、車移動の常備食を決めておくのがおすすめです。