液晶ディスプレイにスピーカーは必要?メリットデメリット

液晶ディスプレイ

「液晶ディスプレイ(液晶モニター)が欲しい!」と調べていると、気になるのがスピーカーの有無。付いていた方が良いのか、なくても良いのか、迷いますよね。

そこで、「スピーカーは必要なのか?」や、「スピーカー有り・無しどちらを購入すれば良いのか」を解説していきます。 購入したら予想と違ってガッカリ…ということが無いように注意しましょう!

スピーカー付き液晶ディスプレイのメリット

何もしなくても音が出る

スピーカー搭載液晶ディスプレイのメリットといえば、もちろん音が出ること。液晶ディスプレイと環境さえそろっていれば、すぐに音楽を鳴らしたり、動画を観たりできます。

スピーカーが未搭載の場合は液晶ディスプレイから音を出すことはできません。動画を見ても無音です。 また、イヤホンジャックがないため、液晶ディスプレイへイヤホンやヘッドホンを直接つなげることもできません。

(もしスピーカーが未搭載の液晶ディスプレイを購入して音を出したい場合は、外付けスピーカーを取り付ける必要があります)

液晶ディスプレイにスピーカーが搭載されているとコスト削減に

液晶ディスプレイにスピーカーが搭載されていない場合、外付けスピーカーの購入が必要です。そして、スピーカーを接続するために、液晶ディスプレイのHDMI端子を一つ使うことになります。

ほとんどの液晶ディスプレイは接続端子が一しか付いていません。ノートパソコンとの接続でHDMIを使用する場合はHDMIの増設装置の購入も必要になるでしょう。

つまり、スピーカーなしの液晶ディスプレイで音を出す場合は

  • スピーカー

  • HDMIの増設機器

の2つ購入が必要となります。

(ノートパソコンを接続する場合は、ノートパソコンから音を出すこともできます)

スピーカー付きの場合はこのコストが下げられることがメリットです。

スピーカー付き液晶ディスプレイはスペースを削減できる

スピーカ―が搭載されていない場合、スピーカーやHTMIの増設機器をデスクに置く必要があります。そのため、スピーカー有りのディスプレイに比べてデスクが狭くなるデメリットがあります。

一方、スピーカーが付いていれば、それらの設備を置かずに済むため、スペースを広く使えます。

スピーカー付き液晶ディスプレイのデメリット

良い面も多いですが、デメリットもあります。

音質が悪い

これはほぼすべてのスピーカー付き液晶ディスプレイに共通します。音が出るだけありがたいと思え…!みたいな感じ。無茶苦茶悪いです。そのため、ほとんどの人はスピーカーを購入して音を流しているようです。

先ほど、スピーカーありのメリットとして、「スピーカーを購入しなくても音が聞こえるよ!」「だからデスクのスペース節約になるよ!」と書きましたが、どうせスピーカー購入するかもしれないのであまり関係ないかも…。

ただし、スピーカー付き液晶ディスプレイはイヤホンジャックが付いている!

そう、イヤホンジャックが付いているのです!そのためイヤホンジャックでスピーカーをつなげればHDMI端子を使わなくてOK。これは大きなメリットです。

わたしの場合、現状HDMI端子はノートパソコンをディスプレイにつなぐ際にしか使いません。そして欲しい価格帯のディスプレイにHDMI端子は一つしかない…。 HDMIを増設するのも面倒だし…増設すればコードも増える、スペースも減る…。ということでスピーカーありを購入しました。

ここら辺を重視するかどうかでスピーカー有り・無しどちらを購入するのか判断できます。

結局スピーカーあり・なしどっちが良いの?

スピーカーなしがおすすめの人

  • HDMI端子が複数付いている液晶ディスプレイを購入する

  • そもそも音がいらない

  • デスクが広くて物が増えても困らない

  • スピーカーや増設機器の購入に費用を割いても良い

スピーカーありがおすすめの人

  • できるだけコストを減らしたい

  • デスクにものを増やしたくない

  • 音質が悪くても音が出れば良い

まとめ

費用を下げたいならスピーカー付き、デスクにものが増えて、ちょっとコストがかさばっても良いならスピーカーなしを選びましょう。

とはいえ、スピーカー付きの方が液晶ディスプレイ本体の値段が高くなる場合があるので、できるだけ安く購入したい人は吟味した方が良いです。

外付けスピーカーや増設機器の値段もピンキリなので、値段的にはどっこいどっこいになる場合もありますので…。

iPad・iPhoneの画面がすぐ暗くなる…を解消!スリープ機能の変更方法

iPhoneiPadの画面がすぐ暗くなる場合は、スリープ機能(自動ロック)の時間を切り替えることで改善できます。

一方節電をしたい場合は、スリープまでの時間を短くすることで、バッテリーの消費を抑えることも可能です。

iPadiPhoneのスリープ機能変更方法

ちょうどで手元にiPhoneがあるため、iPhoneで説明しますが、iPadでも同様の操作で変更できます!

設定→画面表示と明るさ

まず設定をプッシュ

画面表示と明るさを押す

自動ロックを押す

ここで調整可能です!

iPhoneの場合は、30秒・1~5分・なしのどれかが選べます。iPadの場合は2~15分です。

試しに30秒をチェックして戻ると、こんな風に表示が30秒に変わります。

好きなように変更してください。

iPad/iPhoneのスリープ機能を変更して快適なデジタルライフを!

わたしの場合は、iPhoneは充電を持たせるために1分。iPadは、表示しながら記事を書いたりしているので、10分くらいは付いたままにできるように設定しています。

自分がどのように使いたいのかで使い分けましょう!

メーカーごとの違い比較!おすすめ一眼はどれ?カメラ屋さんに聞いてみた!

カメラを購入する際に悩むのがメーカー。

オリンパス、キャノン、ソニーニコン…メーカーの種類があってどれが良いのかわからない!

なんてことありますよね! そこで、カメラ屋さんに行って、メーカーごとの違いを聞いてみました!

※初心者にわかりやすいように、専門用語は使わず、難しいことは言わずに説明していきます!

ざっくり知りたいという人は、目次の「まとめ」をタップ! 簡単に各メーカーの違いをまとめています。

カメラはメーカーごとに違う!

カメラはメーカーごとに得意とするものが異なります。それぞれの違いを見ていきましょう。

Canon(キャノン)

キャノンといえば、日本シェアがナンバーワン企業。 企業やプロでもキャノンを使う人が多いです。

そんなキャノンのカメラは、「なんでもそつなくこなす安定したカメラ」。 フォーカスがスムーズで、初心者でも使いやすいカメラと言えます。

あと、ポートレートの描写がキレイです。パッと目が引く鮮やかな写真が撮りたい人、ポートレートで失敗したくない人ならキャノンを選んで間違いはないでしょう。

キャノンがおすすめの人

  • 初心者
  • プロっぽくポートレートを撮りたい
  • ウエディングフォトを撮りたい

色合いは華美ではないが、好ましいと思える色彩。 目で見たよりも若干鮮やかになりますが、 過剰ではないため、違和感を持たれにくく、現実よりも美しい色合いが出せます。

Nikon(ニコン

ニコンはありのままの色彩を映し出すことが得意なメーカーです。

見た記憶よりも美しく描写するメーカーが多い中、この点に関してはニコンが特出しています。

(面倒ですが、色彩を変化させたい場合は加工すれば良いので、とりあえずありのままの色彩が欲しいという人にはピッタリのカメラです)

ただし、良いカメラが欲しいという人は値段が高くなります。また、安価なミラーレスはほぼないメーカーです。

ニコンがおすすめの人

  • 見たままの色彩が欲しい人

Panasonic

Panasonicは、動画が得意です。 テレビ画面で流せる、映画のような美しい動画が撮れます。

色合いは、鮮やか。デジタル機器の画面で見た際は、鮮やかでキレイな色合いですが、プリントアウトするとちょっとクドイ色合いになります。

さらに、素早いフオーカスが得意なため、動いている鳥や犬などをとってもブレにくいのが特徴です。

Panasonicがおすすめの人

  • 動画をメインにしたい人
  • 素早い対象物を撮りたい人
  • デジタル画面で美しい写真が欲しい人

オリンパス

オリンパスは比較的鮮やかなカラーの写真が撮れます。

また、かわいいカメラが多いのがオリンパスの特徴。

女性が好む可愛らしく、軽く、小さなカメラづくりに力を入れています。

オリンパスがおすすめの人

  • 可愛いカメラが欲しい人
  • デジタル画面で鮮やかな写真が欲しい人

富士フィルム

富士フィルムはとにかく、『フィルム時代の色合い』を再現しているメーカー。「フジカラー」としても有名で、評判の良い色彩が特徴です。

フジカラー、フィルムカラーといってもわかりにくいと思いますので、簡単に言うと、

「フィルム時代(=コピー時代)に最適の色合いが出せる」ということ。

富士フィルムで撮影した写真は、コピーをするととても美しい写真になります。

他のメーカーだと、デジタル画面に合わせているため、コピーするとややくどく感じがちですが、富士はそれがありません。

ただし、デジタル画面上では他メーカーに比べ、物足りなく見える場合があります。

富士フィルムがおすすめの人

  • 写真をコピーしたい人
  • 加工が面倒な人
  • フィルムならではの色彩を楽しみたい人

ペンタックス

ペンタックスは、塵や水に強く、山登りや砂ぼこりが酷い地域で撮影したい、朝露がある季節でも夜撮影がしたいという人におすすめのメーカーです。

さらに、緑色の描写がすごい!

ペンタックスで撮影した緑はとっても美しいです。透明感があふれて引き込まれます。

この描写はペンタックスならではです。

ただし、ペンタックスには少しデメリットがあります。

ペンタックスは他メーカーに比べ、新商品開発を行なっていません「今後、欲しいレンズが無いなど、使い勝手が悪くなるかも」というのが販売員さんの感想。

さらに、ペンタックスを買うなら、新規の人には進めない。買う人は、すでにペンタックスユーザーの人か、サブ機として使用したいという人ぐらいだろう」ということでした。

それでも、緑や自然の描写は抜きん出たものがあります。

ペンタックスがおすすめの人

  • ハードな環境でも撮影したい人
  • 緑がある自然を美しく撮りたい人

まとめ

全体をまとめると、

キャノン

  • 使いやすく、初心者におすすめ
  • 色は実物よりもやや増しで、ポートレートに良い

  • 若干高級だが、完成度が高い
  • 色はみたまま

  • 動画が優れている
  • 素早い被写体も逃さずキャッチできる
  • 色は鮮やか デジタル向き

  • 見た目が可愛いものが多い
  • 色は鮮やか デジタル向き

  • フィルムのような美しい色
  • プリントするとキレイ
  • 加工しなくてもキレイ

  • 塵、水に強い
  • 緑や自然が美しく撮影できる

どれも機能的にはそれほど変わらない

一眼レフやミラーレスは、ミドルクラスになると、機能面ではそれほど大きな違いはありません。

解像度も、高ければ美しいというわけではなく、今の一眼なら、目で見える以上の数値まで来ているため、数字が違っても見た目は変わらない…という状態です。

もちろん、安いものは機能性も落ちますが…

フルサイズ、ミドルサイズの中でどれにしようか迷ったら 見た目と、色合い、使用するシチュエーションや お気に入りのメーカーで選ぶのが今のカメラ選びのようです。

 なぜキャノンが多く使われているの?

余談ですが、「一眼カメラといえばキャノン…」という意識がある方は多いのではないでしょうか。それにはちょっとしたカラクリがあるようです。

優れたカメラをいち早く出したのがキャノンだった

キャノンは先進的にカメラ開発を行ってきました。そのためか、フォーカス、動画、設定、手振れ…全体的に安定した品質が保たれています。

他メーカーに比べ、失敗しにくいカメラを開発したのがキャノンです。

また、質の良いカメラを周囲よりも早く販売したため、「カメラといえばキャノンが1番性能が良い」とされていたのです。

一眼カメラは高額!プロでも簡単には買い替えない

そもそも、一眼カメラというものは、そうそう簡単に本体を変えることはありません。

数十万の本体を購入して、さらに数万、数十万もするレンズをそろえたら、簡単に別のメーカーに変えることはできないんです。

ということで、昔からプロとして活躍している人は、

・他のメーカーに先駆けて良いカメラを開発したキャノンをメイン機として購入したため、今でも使い続けている。

というわけです。

そして、現在は他のメーカーも良いカメラを作っているため、「一眼カメラといえばキャノン!」という時代ではなくなっているようです。

ふるさと納税とは?メリットは?上手に使って税金を節約しよう!

ふるさと納税は税金の節約にもなるし、返礼品ももらえるので、何となく気になっている方も多いのではないでしょうか。

良いとは聞くけど、一歩踏み出せない…。

そんな方のために、ふるさと納税のメリット・デメリットをわかりやすく解説します!

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、都道府県や市町村に寄付をして、地域の復興支援をすること』です。

「納税」と付いていますが、税金ではなく「寄付」です。

自分が応援したい自治体に寄付をして、地域の活性化を支援する制度を、ふるさと納税といいます。

さらに、寄付金額を「育児支援に使ってほしい」「医療に使ってほしい」など指定できる特徴もあります。

ふるさと納税は、自分が応援したい県、好みの返礼品がもらえる県から、自由に選ぶことができます。

寄付といっても全額自腹じゃない!

後で詳しく説明しますが、ふるさと納税は納税額の『2000円のみ』が実質の自腹金額。

2000円を引いた残りの金額は、税金の控除(減額)に使われます。

1つでも2つでも2000円だけ自己負担

ふるさと納税は、いくつの自治体へ寄付をしても自己負担金額は2000円のみ。

2カ所に寄付をしたから、4000円…と負担が増えることはありません。

やらないと損!なお得な制度なんです。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税は、地域貢献に役立てるほか以下のメリットがあります。

  • 寄付金分が税金から控除される
  • 地域の特産品が返礼品としてもらえる
  • 地域復興にたずさわれる

それぞれを詳しく説明していきます。

1、所得税・住民税の控除がある

ふるさと納税は、寄付した金額の2000円が自己負担額。残りの金額は寄付金控除として節税に使えます。

例えば、3万円を寄付したとすると、

『30000円ー2000円=27000円』

27000円が寄付金控除となるわけです。

27000円の控除。さらに返礼品ももらえると考えると、とてもお得な制度ですね!

※寄付金控除の限度額は人によって異なります。事前に調べておきましょう。

納税可能額目安

年収300万程度の場合、1~3万円程度 年収500万程度の場合、4~6万円程度 年収1000万程度の場合、13~17万円程度

が目安金額です。年収が低い場合、ふるさと納税が使えない場合があります。

また納税可能金額を超えて寄付をすると、超えた分は税金の減額には使われません。 一般的な自腹での寄付となります。

2、地域の特産品が返礼品としてもらえる

地域の特産品が返礼品としてもらえます! これを楽しみに、ふるさと納税をしている人は多いでしょう。

お肉や海産物、地域の特産品など、もらえるものはさまざま。しかも、寄付金相当のものをもらえます。

例えば、1万円の寄付でも、お米20kgや、豚肉5kg、牛肉1.5kgなどの返礼品が選べます。

美味しい食べ物や特産品をもらえて、節税もできるのがふるさと納税のメリットです。

3、地域復興にたずさわれる

ふるさと納税は、返礼品をもらい、税金の減額を受けながら地域の復興にもたずさわれます。

寄付金額の使い道を指定できるため、せっかく寄付したのに、何に使われているのかわからない…ということがありません。

ふるさと納税4つのポイントまとめ

1、好きな自治体に寄付できる

自分の好きな自治体に寄付をして、地域復興の支援ができます。ただし、税金の控除は収入によって変わるため、自分がどれだけ控除が受けられるのかを計算してから寄付をしましょう。

2、使い道を指定できる

文化財の保護に使ってほしい」「環境保全に使ってほしい」「子どもの支援に使ってほしい」「医療の充実に使ってほしい」など 寄付をしたお金の使い道を指定できます。

3、返礼品がもらえる

返礼品がもらえます。ただし、すぐもらえるわけではありません。寄付をする際に、いつごろ返礼品が届きますという案内があります。 自治体ごとに異なる返礼品が用意されているため、好みのものを選びましょう。

4、所得税・住民税の控除がある

寄付金額によって所得税・住民税の控除が受けられます。

サラリーマンは確定申告免除

以前はサラリーマンも確定申告が必要でしたが、会社勤めをしている人は、ふるさと納税での確定申告が不要になりました。

ただし、ふるさと納税をする際に、『ワンストップ特例制度』を申請する必要があります。

ワンストップ特例とは?

確定申告をしなくても、ふるさと納税をした自治体5つまでなら税金控除が受けられる制度です。

年収2,000万円以内の、確定申告が不要な人が対象です。

ワンストップ特例メリット

  • 寄付をした年の確定申告は必要なし
  • 1年間で5つまで、ふるさと納税ができる

(もともと確定申告が必要な人は、ワンストップ特例制度は適用外です。確定申告をする必要があります。)

利用方法・適応条件

ふるさと納税をする際に本人確認書類や簡単な個人情報の申請等を行うだけで、税金の控除が受けられます。

ワンストップ特例を使用する際は、ふるさと納税をした自治体から送られる「寄附金税額控除申告書」を提出しましょう。

利用条件 

  • 寄付の都度、申請が必要
  • 年収2,000万円以内
  • その年に寄付をした自治体が5つ以内の人
  • ふるさと納税以外で確定申告の必要がない人

ワンストップ特例は、所得税の軽減は受けられません。手間がかかっても良いから節税したいという人は、確定申告を行いましょう。

ふるさと納税注意点

12月になると、節税対策をしないと!と行動をおこす方も多いでしょう。

ふるさと納税は12月末まで受け付けているため、節税をしたい方は12月がラストチャンスです!

ただし、12月31日などのギリギリ申請は、来年扱いになる場合があります。

また、振り込みや納付書が必要な場合は、銀行窓口を利用したりと手間がかかります。

ふるさと納税を行う際は、余裕を持って、クリスマス前には申請しておくと安心です。

住んでいる自治体に寄付をしても返礼品がもらえない場合が

住んでいる自治体に寄付をすると、返礼品がもらえない場合があります。 返礼品を受け取りたい場合は、居住している自治体以外に寄付をしましょう。